好きなものを語るだけのぶろぐ

mujicoが好きなものを語るだけのブログ

アイドリッシュセブン感謝祭〜きみと愛を語らないと!vol.1〜昼公演行ってきました

 

や〜〜〜〜っとレポをかけますね。アイドリッシュセブンというゲームにどハマりし、二階堂大和という存在にどハマりし、感謝祭あるってよって公式に言われて「ま〜当たらんだろうけど応募してみるか!」という気持ちで応募したらものすごい倍率のなか奇跡的にチケットが当たりまして、行ってきました。アイナナ感謝祭。

正直に言いますと、声優イベントというものに参加するというのが人生初でした。かれこれ10年ぐらい遊佐浩二という声優さんを地味〜に追っかけていたんですが、イベントという機会には恵まれず、本当に地味な声優オタクをやってきたんですが、今回初めてこういうチャンスをもらって初めて声優イベいって、ほんっっっっと楽しくて。

なにより、白井悠介という存在にどハマりしました。

人生なにがあるかわからないなぁ〜〜〜〜怖い〜〜〜沼〜〜〜〜!!!!!!!

というわけで、人生初めての声優イベだったので記念にそれぞれのキャストさんに焦点を当てて印象とプチレポなどを記載しておきます。

 

 

代永翼さん(和泉三月役)

正直今回のイベントメンバーの中では一番よく知っている声優さんが代永さんでした。遊佐さんとも共演多いしね。なんとなく可愛くてキュートで元気!!っていうイメージだったんですが、可愛らしい風貌で的確な司会をされている姿がまさに三月!って感じで、本当に愛おしかったなぁ〜〜。特に今回のメンバーと代永さんは気心しれたメンバーでもあり、だからこそある種皆さんしっかり者で優しい代永さんに任せちゃうっていう(笑)フォローする時はちゃんとフォローしてくれるし、本当に頼もしい。特に白井さんは最年少だったのでしっかり見てらっしゃるなぁと思いました。こんなフリーダムなメンバーをよく仕切ってくださっていました。また会場のお客さんとのコール&レスポンスも自然と組み入れて、一番代永さんが会場を見渡してファンへの気配りがすごいかったなぁ。一番目があった気がした・・・そういうところもすごいなって感心しまくりでした。

私二階堂大和がすんごい好きなんですけど、実は人間性的には和泉三月という存在が一番好きなんです。ものすごい男前で、包容力抜群で、なによりメンバーに対して無償の愛情を注いでくれるメチャメチャかっこいいキャラクターなんですよ。ちっちゃくてかわいい容姿なんですけど、そこに秘められた漢っぽさが凄く好きで。そんなキャラクターの人間性と代永さんの人間性が重なるところが多くて、本当前に立っている代永さんを見ていると和泉三月を見ているようで、軽率に三月〜〜〜好きだ〜〜〜〜!!といいそうになりました。ただのファンでしたありがとうございます。

今回のイベの中核を担ってくださった方だったので、本当にお疲れ様でしたとありがとうを言いたいです。

 

白井悠介さん(二階堂大和役)

※白井悠介しんどいしかほぼ言っていないです。語彙力がないです。

いやあの、最初白井さんが舞台に立った時に「!?!?!?!?!?!?」ってなってですね。いや、だって二階堂大和そのものが舞台に立ってるですよ

脳内で、「二階堂大和は二次元の住人だから〜画面の前にしか現れないから〜〜」って冷静に突っ込んでいる私がいた隣で、もう一人の自分が「え!!!二階堂大和実在してた!!!!!やばい!!!かっこいい!!!むり!!」ってなってて、本当脳内が混乱をきたしていた位に白井悠介が二階堂大和でした。少し短めのパンツに、緑のジャケット、長めのネックレス、フチなしのメガネ、横ハネの髪型。全てが二階堂大和。

外見のインパクトはまずそれで、本当に髪型といい服装といい顔面といい声といい全てが二階堂大和に寄せててくれて、言葉を失いました。

でですね。そのあとですね、白井さんの一挙一動が気になって仕方なくなりました。全員水を飲んでいるのに一人だけコーラを持ち出して飲んでいる姿だったり、コーナーとコーナーの間に流れるBGMに合わせてゆるーく(リズムがあってない)ダンスしている姿だったり、いきなりネコになってクッソ可愛く「にゃ〜〜」と代永さんに絡んでいく姿だったり、ゲームをしている時に一生懸命リズムを感じながら両手を使ってシャンシャンしている姿だったり、ゲームに勝って景品のプリンを黙々と食べてシュールにもっぐもぐする姿だったり、観客に手を振るときに少し慣れてない感じでササッと手をふる姿だったり、一言で言うと外見が二階堂大和なのにほんとうにほんとうに行動ひとつひとつが可愛すぎて、、、全てが沼!!!!!!

全くの想定外のハマリ方しましたわ。まさか初声優イベでこんなふっかい沼に突き落とされるとは思ってませんでした。いや聞いてないんですけど。友達には「白井さんてすっごい面白いよ!!」って聞いてたんですけど、面白いより可愛いが100倍あって、しかも一挙一動が愛おしくてたまらなくて。。。イベント終わったあとに友達と一緒に「白井悠介という落とし穴にはまった」と思わず語ってしまったほどには、ずぶずぶでございます。いやあのね、本当わかってるんだけど、イベント中、目が白井悠介を完全にロックオンしておりました。一つ一つの言動も挙動も見逃したくなくて、本当に本当に全てが可愛くて、途中胸が痛くて救心くれと思った位。語彙力が皆無なので一旦ストップさせてください。推しに関しての感想がひどくてごめんなさい。

ちなみにたぶん次の記事は白井悠介さんについて書きます(真顔) 

 

阿部敦さん(逢坂壮五役)

笑顔がめちゃかわいい阿部さん〜〜〜!!メッゾ(そうちゃんと環)で本当わっちゃわちゃしておりました。本当に声優さんお二人も仲良しなんですね。ノリの良さがピカイチによくて、脱線する時は阿部さんからが多かったような気がします。このメンバー野中ではおそらく最年長だと思うんですが、全然!見えない!無邪気っぷり!!笑 環役のKENNさんとワチャワチャしたり、十役の佐藤さんとワチャワチャしたり、本当たんのしそうでこっちもニコニコしちゃいました。

たまーーに阿部さんの素のお声がそうちゃんのお声に切り替わる時があって、「わ!!!!!そうだそうちゃんだった!!!」って思わずびっくりするほど(笑)そうちゃんって基本的には常識人でおしとやかなんですが、どこかエキセントリックで極端な性格の人なので、そういうキャラの中の人が無邪気なかわいいお兄さんと知ってより深みが増した気がします(私の中で)

メッゾは二人で歌も歌ってくださったのですが、本当に二人が一生懸命唄っている姿がメッゾ自体に重なって、メチャメチャ号泣してしまったのは秘密。阿部さんが本当に食らいつくように唄っていて、ああ、そうだった、アイナナ本編もメッゾデビューから始まり、そこから世界が開けてアイドリッシュセブンがデビューしたんだって。ストーリーを読んだのはだいぶ昔のことなのに、そのシーンが明確に浮かんできて涙で先が見えない位泣きました。

 

KENNさん(四葉環役)

イケメンで高身長で笑顔がふわっふわに可愛くて、しかも歌がうまい。この人は神か何かですか?

なんかもう容姿だけでありがとうございます。っていう位なのにしかもお声も最高にかっこいいなんて天は二物を与えすぎではないです!?!?

KENNさんって噂にはすごいかっこいいって聞いてたんですけど、実物みたらま〜〜〜〜それはカッコよくて。手も足もすんごく長いし、お顔が整いすぎているし、しかもそこから出てくるお声はメチャメチャかっこいい。こんな方が、環という存在を演じてくださっているということに圧倒的感謝でしかありませんでした。

口をめいっぱい開けてわはは!!って笑ってる時とか、阿部さんと一緒にワチャワチャしている時とか、イケメンなのに宇宙一かわいくて「環だ〜〜〜〜環なんだ〜〜〜〜」って心がブルブル震えまくってました。あと代永さんになにか言われて、もーって拗ねてたんですけど、拗ねるお顔が銀河一可愛いのどうにかして。。。心臓がもたない。。

そんな笑顔がミラクルキュートなお方なのに、歌歌ってる時は死ぬほどカッコよくて。あれまって私KENNさんに対してが一番語彙力がなくない?いや本当にかっこいいって言葉しか出てこない位横顔の整い方が異常でした。

 

佐藤拓也さん(十龍之介役)

イベント前にお友達と話していて「一番危険(はまってしまいそう)なのはさとたくさんだろう」って二人で完全に合意するほど、最近さとたくさんがやばいということを聞いておりまして。神ファンサ、色気の塊、しびれるようなイケメンボイズをお持ちの、最強スーパーダーリンなさとたくさんを見るのを正直恐怖しながらもワクワクしてました。

まぁ案の定みてみたら、ほんっとうになんだろう………エロい。色気がすごかった。色気の擬人化ではないか?という位お声からお姿からフェロモンが出まくっておりまして、しかもご本人様はめっちゃ気さくでかっこいいお兄ちゃんって感じ。

本当役柄通り、外見とお声が「エロエロビースト十龍之介」って感じで、中身が「ハイサーイ!沖縄からやってきました兄弟大好きつなしりゅうのすけです!!!!!!って感じで、ほんとあの……つなしもさとたくさんも大好きです。(照)

メッゾ組ときゃっきゃしたり、TRIGGER愛を全面に押し出してくれたり、イベントのいい潤滑油になってくださっていて、その男前っぷりにも惚れたし、メチャメチャ丁寧なファンサもしていただいて…いやさすが神ファンサと思わず目がハートになりました。これを機にさとたくさんのこともっと知りたくなった!(沼に向かって一直線)

 

 

っとここまで勢いで書きましたが最後にちゃんと文章として。

アイドリッシュセブンというゲームの凄いところは、ストーリーとキャラクター性がこれまでないほどにしっかりしていることかなと思います。私一応アイドルオタクもやっているのでわかるんですけど、二次元アイドルとはいえ、アイドルという存在自体の輝かしさだったり、その輝かしい光の影に潜んでいる闇だったり、苦々しいほどの苦労だったりをここまで、人間臭く、的確に描いている作品ってないと思うんですね。

アイドルのキラキラには、無数の努力と、絶望と、諦めと、必死さとが混じっていて、だからこそその煌めきが尊い。それを本当にわかってくれている脚本とキャラクター設定だと思います。

ちゃんと一人一人に物語があって、背負ってるものがあって、なんでアイドルなのか、なんで自分が頑張るのか、なんでみんなとやるのか、それをちゃんとひとつずつ答え合わせをしていってくれる物語が本当に気持ちがいいんです。闇を描いてる時は本当に死にそうになるけど、でもちゃんと答え合わせしてくれている途中だって知ってるから、読み進めたくなる。

だから全員好きになれるんですよ。これ私的には本当に珍しいんですけど、キャラ全員好きです。アイドリッシュセブンもTRIGGERもRe:valeも。きっとこれから出てくる新しいアイドルも好きになれると思う。だからこそこのコンテンツが最高に好き。

これからアニメも始まり、イベントも増えていくかなと思います。だからこそ今回こんな機会をいただいて、こんな素敵な作品に出ている素敵な声優の方々にお会いできて本当によかった。

これからもずっと、アイドリッシュセブンを応援していけますように、そしてまた素敵な皆さんにお会いできますように。