好きなものを語るだけのぶろぐ

mujicoが好きなものを語るだけのブログ

もう一度、アイドルのオタクになれた場所〜アイドリッシュセブン1stライブRTI感想〜

 

今も、胸がドキドキしてます。本当に、すごい現場に立ち会えました。

 

「アイドリッシュセブン 1st LIVE Road To Infinity」7/7、7/8に参加しました。

ほんと、何から書いていいかわからないくらいで、こんな感覚初めてで戸惑ってます。まさしく全身全霊をライブに注いだし、それに対してキャストさんをはじめスタッフ・運営全てが最高のパフォーマンスで返してくれた、本当に夢のような舞台でした。

最初に言ったんですけど、もう2日も前のライブのことなのに、未だに緊張した時のように胸が痛いんです。いろんな光景が駆け巡って、目を瞑るだけで泣きそうだし、一つ一つがかけがえない宝石のような宝物だったなって、誇張なく思います。

 

私、リアルの3次元のアイドルのオタクやってるんですね。SMAPっていうんですけど。彼らのことがずっと好きで、ライブも行って、アイドルの姿を何度となく見てきました。それが、理不尽にもプッツリ切れてしまって、まだアイドルのオタクだって胸張って言ってますけど、その気持ちを発散する場所はなくて。

そんな時に、このライブの話が舞い込んで。柄にもなく、本当に浮かれてたんだと思います。

 

何年ぶりだよ!とか言いながら推しのうちわを作ったり、

何が必要かなってライブに向けて暑さ対策やら雨対策やらで大量に資材を購入して、

推しのグッズを集めて痛バを作ったり、ネイルを推しカラーにしたり、

ライブ前数週間はずっとアイナナの曲を聞いて通勤したり、

アイナナの友達たちと、どんな曲やるかなぁ、どんなダンスかなってずーっと話したり、

 

ライブ当日、ドームへ向かう混雑する道を抜けると、開けた視界の先に円形の広い会場の中に何万というファンの子達がいて、そこに入っていくスタンドの階段を降りていく時「ああ、懐かしいな」って思いました。

階段を一つ一つ降りていくたびに高まっていくアイドルのライブのワクワク感。何万というファンがソワソワしながら、アイドルの登場を待って、高まっていく高揚感。

 

ライブが始まれば、そこは本当にまごうことなく「アイドルのライブ」でした。

 

12人にキャーキャー言って、コーレスして、たまにお水を飲んで(笑)、大好きな曲たち、アニメ・PVを完全再現した演出やダンス、笑顔で歌うみんなを見て心の底から笑って、最後の最後までキャストの声優皆さんを「アイドル」として歓声を挙げてました。

1日目と2日目でセトリが変わったり、オリジナルなアドリブやら、みんなの絡みをみて悲鳴をあげたり、あの瞬間、あそこにいたあの瞬間は、一生忘れられない記憶になりました。

 

終わってみて、ここ数週間の自分を振り返りながら冷静に考えてみたら、「ああ、私、もう一度アイドルのオタクになれたんだな」って。

 

ライブが始まるまでは本当にワクワクして、楽しみで仕方なくていろんな準備をしたり、妄想したりして、「どうなるのかな?」ってみんなで話ながら、心待ちにして、

ライブが始まったら全力で声を出して、ペンラを振って、みんなに声援を送って、笑って泣いて感動して爆笑して、

ライブが終わったら、ロスがすごくて、虚無感がすごくて(笑)、時々思い返して元気を出したり、みんなで思い出を語りながら振り返ってたのしんだり

 

アイナナのすごいところは、「リアリティ」だってみんな話すじゃないですか。私もそう思います。「アイドル」という人たちとその周辺にいるメディア・ファン・家族までもを生々しく描く

アイドル同士の衝突やいざこざ、ファンからの心ない声、メディアからのバッシング、家族との軋轢、闇と光。一度でもアイドルというものを推したことのある人にとっては、その「リアル」に目を背けたくなるほど。だって、実際に私も3次元のアイドルを推している間に体験したことが沢山出てきた。あれこれ推しのことかな?(笑)って思ったこと何度もある。

それだけ、「リアリティのある闇」があって、だからこそ「光」が輝くんですよね。

アイドル推してて、「人生そのものが物語だな」って思うことが何度もあって、だからこそ、アイナナのリアリティってまさに「物語」。

 

だからこそ、このライブはとってもアイナナらしかった。

アイナナのライブは「アイドルのライブ」だった。ライブ前も、ライブ中も、ライブ後も感じるのは3次元のアイドルと全く同じ感覚でした。

まさにアイナナらしい「リアル」なアイドルのライブを体感させていただきました。キャストの皆さんをはじめ、関わってくださった皆さん、本当にありがとう。

 

私はもう一度アイドルのオタクになれました。

アイドルのオタクって、ライブの時世界で一番幸せだなって思いますよね。マジでそれ。本当に7/7・7/8誇張なく世界で一番幸せだったわ。今でもかみしめられるほどの幸せが心に山盛り。

きっと今も胸が痛いのは、ライブ前の数週間からライブが終わるまでずーーーーーっと「緊張」より「ワクワク」が上回っていて、その「緊張」が今更ながら来たんだと思います。でもこの胸の痛みすら、ライブの後のものだと思うと大切だなって思うよ。

 

はぁ、なんかこの文章を書いたら自分の気持ちを改めて整理できたのか号泣しました。(笑)

また、あの夢の舞台でまた会いましょう。その時まで、しばらくバイバイだけど、また「アイドル」な彼らに会わせてください。それまで一生懸命がんばります。

今はただ、このライブの余韻に浸りたいと思います。あ、運営さんお願いだから円盤はノーカットで舞台裏てんこ盛りで頼む!!!!いくらでも金は積みます!!!

 

 

P.S. ちなみに3次元のアイドルの方もまったく諦めてないからな!?!?!?TRIGGERのごとく復活するんだろ???そん時はまた号泣させてくれよ、私の世界一のアイドル、SMAPさんよ!