好きなものを語るだけのぶろぐ

mujicoが好きなものを語るだけのブログ

〜白井悠介×白井悠介の可能性〜 Closed World 感想

「Closed World -brightness- 」

この企画をツイッターで見たときに、わ〜〜これ誰がくるかな?○○さんかな?○○さん?みたいな妄想をしてましたが、まさか推し声優の白井悠介さんがくるとは思ってませんでした…。

いやーマジか!って発表の時思いましたよ。でも考えてみたらビッチからメ○お兄さんまで、アブノーマルからアブノーマルまで、兎に角とんでもねぇCDに出てきた彼に不可能の文字はなかった。

って前置きは置いといて、とりあえず感想投げつけます。ネタでもおもしろでもなんでもいいからCD買ってくれよな!!

 

※つねに推しが可愛いタイプのオタクが書いてます

※文章は勢いだ〜〜〜〜!!!!!!!

※多少のネタバレあり(核心には触れません)

 

あの、まずはじめにぶっちゃけますと、私推しの受け専門の人間なんですね(趣味趣向の問題で推しの攻めが聞けない)。なので、攻め声の白井さんを聞くのがこれが初めてで、逆に受け声は全て網羅してます。そこ前提に話しますね。

 

 

白井さんのお声って良い意味で「クセ」があるんぁって思っていて、どんなシーンや複数の声の中でも「立つ」お声をしてらっしゃると思うんですけど、それって逆を返せばどんな声もある一定のベースのクセってものが根底にあって、高い声も低い声も「白井さんだな」って区別できてしまうんですよね。

だからこそ、この一人二役の話がきた時にびっくりしたんですよ。こういうのって割と声を七変化できるタイプの声優さんの十八番だと思ってたので、(古の腐女子なので、、鬼畜眼鏡で一人二役をやった平井さんなどはまさに七変化タイプ)「おーわりと出版社チャレンジャーだな!」って勝手に思っていました。攻めの声も受けの声もある程度違う声にしなきゃいけない中で、この企画に飛び込んでいった白井さんの男気も感じました。

 

そしてCDを聞いてみて、いい意味で裏切られました。全然違和感なかった。ほんと綺麗に演じ分けされてました。決して別人っていうわけではないんですけど、低音な攻めのお声も、可愛らしい受けのお声も見事で、思わず聞いて拍手したくなった。すっごいなーこれ。

しかもこれ受け攻め完全別撮りだと思っていたら、「濡場」のみ別撮りで、それ以外は全て流れの中で撮ってたっていうから驚き(この話は先週のboysbar聞いてください)

濡場の方も、一度撮った自分の声は聞かずに感覚で撮ったっていうから…いや、すげぇ…純粋にこの声優さんとしてのテクニックを聞くだけでも価値のあるCDだと思います。

 

っで、内容なんですけど、温室育ちのお坊っちゃまで人肌がないと寝れないユウリ(受)とそのゆうりのボディーガードを長年務めているナオさん(攻)のとても王道な主従関係カップルです。ストーリーも普通に面白いです。ザ王道ですが、こういうイロモノ系の企画はストーリーベースはちゃんとしている方がいいと思うので、好感が持てました。

いや〜〜〜〜〜しっかしゆうりの声メチャクチャ可愛い。白井さん受けのかわいさ爆発パターンです。濡場のシーンのかわいさはそうなんですけど、ゆうりがナオに甘えるシーンの糖度1000%感すっごい。「なおさん」って呼び方が本当に幼くて、幼くて、辛いよ〜〜〜〜〜〜(萌が) 人肌恋しいっていう設定なので、高校3年生っていう声よりもだいぶ幼さが残った声で、その声ですぐ甘えるからこの野郎〜〜(萌)ってなってました。ちなみに中学生の白井さんも聞けるで!

これは今まで出てきた白井さん受けCDの中で2番目に可愛い受けですね。(ちなみに1位はセックスフレンズだよ!キャワキャワなビッチしらいさん聞けるよ!) ちなみに年齢でいうと白井さん受けの中で最年少(同率1位はお隣さんの兄弟事情) というかそもそも白井さんが高校生役やるとかメチャクチャ珍しいので、可愛くて幼い声がたくさん聞けて砂糖吐くかと思いました。可愛い。拗ねてる時がめっちゃ可愛い。語彙力ゼロ。 

特に「さむぃ…」っていうシーンの声がめっっっっっっっちゃ甘えてる感103936%で、いやこんな声で言われたら抱き締めるわって気分になります。ほんとこの人の受けの破壊力はすごい。

 

攻めの声についても言及すると、私これが初めての白井さんの攻め声なんですけど、多分系統的に珍しい低音でダンディなお声です。一人二役をするということでやっぱり両極端な「低音」と「高音」での演じ分けになりましたね。

高音の声の可愛さはさることながら、低音のダンディさは、割と白井さんのキャラ系統ではないタイプだったのでよかったです。ボディガードという設定なので、ほぼ全編敬語なんですけど、低音の響きのある声で敬語ってめっちゃ良いですね…「ゆうりさん」って、この“さん”の響きが心地よい。たまに出るタメ語もいいよね…つまり全部良いわけだ…なんてったって推しの声だからな!

 

ひとまず作品として、とてもチャレンジングな企画ですし、それに対して非常にバランスのとれたキャラ設定とストーリーだったと思います。

白井悠介さんが気になるって方の入門CDには持ってこいだなぁと思います。

攻めの白井さんも受けの白井さんも聞けるし、なにより全編推しの声しかないんだからただの楽園でしかないわけだ!!!とりあえずポチッとしに行こう!!話はそれからだ!!ちなみに買うときはステラ(特典:ドラマCD)、公式(特典:トークCD)なのでそこで買うといいと思います!!

 

これを気に白井さんの受けを聞きたいなーと思った方には私が全力でステマしますので、ぜひお声がけください(?)

とにかくこの企画に白井悠介さんを起用してくださったmarble record azさんには圧倒的な感謝でしかないし、これからも何卒よろしくお願いしますと申したいです。

 

P.S. このCD以降新作の白井さん受けの発表がないのでめちゃくちゃ干からびそうお願いだから出版社各位頼む…