好きなものを語るだけのぶろぐ

mujicoが好きなものを語るだけのブログ

2017年個人的声優楽曲大賞(白井悠介編)

 

こんばんは〜〜〜年の瀬ですね。いつも通りのオタクです。

2017年もあと4日ということで今年を振り返るブログをいくつかやろうかなと思っているんですが(仕事が休みで暇なだけです)その第一弾として、今年聞いた楽曲で個人的にサイコ〜〜〜だな!っていう楽曲に関して勝手に発表しようかなと思います。

「白井悠介編」と「その他編」になってるんですけど、考えてみたら自分で楽曲挙げると半分以上白井さんになるなあ〜〜と思って別個に分けました。(ちなみに2017年白井悠介さんが出演した楽曲だけで25曲あったよ怖い。)推しの欲目が抜けるわけがないので最初っから抜くべきだなと。

というわけで以下から自分の中で2017年ツボだったなぁ〜〜って曲のお話をしていこうと思います。

※楽曲大賞の制限として、1ジャンルにつき1曲とします。そうしないとほぼSideMになる。

※ちなみに1、2は順位ではなく1個目、2個目という意味です。みーんな同列!

 

 

白井悠介編

1. コンパス/山中真尋&白井悠介

今年度白井さんが参加した楽曲の中で最も好きな曲。そして今年一番聞いた曲だと思います。山中さんと白井さんのラジオ「アイラジ」での企画で発売されたアルバム「Colors」の中の山中さん作曲、白井さん作詞な1曲です。この二人の化学反応が本当にすごいなあと思っていて、すごく爽やかで夏の青空のような曲調と、白井さん曰く「スーパーポジティブソング」な前向きで背中を押してくれるような歌詞がとてもマッチしていて、なんだろうな、何回聞いてもスーッと心の中に入ってくるんです。

自分自身、前向きな曲ってどうしても厚かましく聞こえたり、心が疲れている時に聞くと煩わしくなってしまったりするんですが、心がしんどい時に聞いてもそっと寄り添って、一緒に前を向いて空を飛んでいけるような曲だなぁと思います。力を抜いて一歩踏み出す時に勇気をくれる曲。私の中ではとても大切な曲になりました。お二人の優しい声に今年何度も救われました。本当にありがとうございます。

 

2. Beyond The Dream/315プロダクション所属アイドル

この曲本当に不思議な曲だなって思うんですけど、こんなに明るくて、こんなに光輝いているのにメチャメチャ泣けるんです。何度でも泣けるんですよ。私の中ではそれが衝撃的で、2番目に挙げさせていただきました。

私の中ではBeyond The Dreamっていう曲の煌めきが、315プロのアイドルたちの喜怒哀楽全部をかき混ぜた結果だからこんなにも泣けるのかなあと思います。楽しいことや嬉しいことだけじゃなくて、苦しいこと悲しいこと辛いこと全部全部かき混ぜて、この煌めきが出来上がっている。そういう背景がこの曲からちゃんと伝わるんですよね。そこがもう何度聞いても泣けるな〜〜につながってくるのかなぁと。

「一緒に行こう、夢の向こうへ」はCMでのキャッチコピーにもなっていましたが、SideMのプロデューサー(自分達)とアイドルで手を取り合って煌めきの中に走っていく感覚がたまらなく好きです。

 

3. SICK SICK SICK/碓氷真澄 (白井悠介)

今年白井さんが歌ったソロのキャラソンの中で一番好きです。(断言)間違いなくこの曲を語る上で必要な要素は「白井悠介の美しすぎる裏声」だと思うんですけど、本当に誇張なく私の10年来のオタク友達にこの曲を聞かせたらしばらく「白井悠介の裏声」しか言わなくなったぐらい衝撃的なんで、本当あの一秒でいいので聞いてほしい。

ロック調のゴリゴリのバンド曲に乗っかる重すぎるラブソングといういかにも真澄らしい曲なんですけど、こういうロックっぽい曲に白井さんの声って想像以上に合うんだなぁというのが新しい発見でした。サビの美しすぎる裏声も好きなんですけど、この曲は全体的に白井さんの歌い方がすごくツボ of the ツボなんです。吐息が多めだけど荒々しい声が、真澄の若さと監督へのまっすぐ過ぎる純愛を的確に表していてすごくキャラソンらしいキャラソンだなと思いました。真澄のソロ2曲目期待してるゾー!!

 

4.ヒプノシスマイク Division Rap Battle/Division All Stars

これ入れないとまぁダメだろうなと。このブログ書きながら動画見ようと思ってYoutube行ったら再生回数が68万再生まで行ってて、ほんと恐ろしい曲だなぁと思いました。68万て、どういう状況だ。

まず間違いなく白井悠介さんに飴村乱数というキャラを与えてくださった各関係者の方々に土下座してお礼を言いたいんですけど、こういうキャピキャピな子を白井さんが、しかもこんなとんでもないコンテツでやってくれると思ってなかったです。今年最大の衝撃でした。この曲でのツボを喋るとするならば、シブヤ↑の言い方とか、全体的に語尾が上がる感じとか、「基本カラフル」のきの部分の声の抜け方とかまぁいっぱいあるんですけど、もう飴村乱数が白井悠介の声で存在しているだけで圧倒的感謝なので、もう、うん、ありがとう!生まれてきてくれてありがとう!

 

5. 瞬間Sparkle/7Colors

私気付いたんですけど、アイドルのキラキラ曲に弱いんだわ〜〜〜。アニドルカラーズのRide on☆ 7Dream!のカップリング曲なんですけど、こっちはビヨドリとは打って変わってキラッキラでライブとかでコーレスしながら楽しみたいThe☆アイドルな曲です。ライブで聞きたい、絶対楽しい。アイドルオタクの自分がとにかくペンラを振り回してコーレスさせてくれと叫んでいる。

瞬間Sparkleという名前の通り、真夏に見る花火のような一瞬の煌めきに満ちた曲です。冒頭の寺島さんの「きっとこの一瞬の高鳴りが」で一瞬で恋に落ちるので気をつけて。寺島さんのこういう声のアイドルっぽさマジで最高ですよね。わかるわかる。

 

 

 白井さんの曲今年本当にたくさん出て、たくさん聞かせてもらいましたけど、その中で個人的に好きな5曲を上げさせて頂きました。多分ジャンル被りありだと色々変わってくるかと思います。

いい曲やいいジャンルに出会わせてくれた白井さんに圧倒的感謝をしつつ既に来年度に発売が決定している楽曲CDが多すぎて震えてます〜〜〜〜(私が知ってるだけで既に6枚ある)よ〜〜〜し課金だよ〜〜〜〜〜!!来年も沢山いい曲に出会えますように!

 

明日は白井さん以外の楽曲大賞を紹介したいと思います。おわるよ!