読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものを語るだけのぶろぐ

mujicoが好きなものを語るだけのブログ

恩田陸の最高峰傑作「蜜蜂と遠雷」について

 

絶対に書こうと思っていた。恩田陸「蜜蜂と遠雷」

私は、この本を恩田陸の最高傑作と断言できる。

私は恩田陸という作家が本当に大好きで、私の人生に多大なる影響を与えた人物の一人と断言できる。出会いは中学2年生の頃、夏休みに配られるおすすめの小説の一覧にたまたまあった「光の帝国」を買ってから、私はこの本を何度となく何度となく読んでいる。すでに100回は優に超えている。私の大きな芯を作ってくれた大切な作品だ。それから、恩田さんの作品を買い漁る日々が続いた。「六番目の小夜子」「図書館の海」「球形の季節」「チョコレートコスモス」「中庭の出来事」「麦の海に沈む果実」....私の本棚はほぼ恩田陸さんで埋まっている。それぐらい彼女の書く世界観、ノスタルジー、人物がとてつもなく大好きだ。だから書きたい、この本について。

 

「蜜蜂と遠雷」

恩田陸さんが、完成までに12年を費やしたという長編作品、蜜蜂と遠雷。舞台は日本のある都市で行われる国際ピアノコンクール。そこに集う、ピアノ奏者たちを描いています。以下はあらすじ

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

「恩田陸×音楽」。私が、いつか絶対に見てみたいと思っていたコラボがついにここに来てきたか、と最初に手を取った時に思いました。ものすごい分厚い本で、重厚感があるのに、買ってからたった半日で読んでしまうほどのめり込めるストーリー。

こういう音楽ものって色々あると思うんです、一番有名なのは「のだめカンタービレ」とか「ピアノの森」とかかな。私も10数年音楽やっていて(ホルン吹いてます)こういう「音楽もの」に直面したときに、どうしてもリアリティとか、細部までこだわっているかとか見てしまう。そういう所が荒いと、いや実際は違うのになぁと萎えてしまう。でも、この作品に関しては、勿論細部まで丁寧に描かれているし、使われている楽曲も、コンクールの臨場感もものすごいんだけど、そんなところ見る余裕なんかなくてそれ程にストーリーに魅了されていた。

 

ピアノコンクールに出る主役たちは、主に4人。

著名な音楽家が残していった天才という名の爆弾、風間塵

一度はスターダームに躍り出たものの、ある日突然表舞台から消えた悲劇のヒロイン栄伝亜夜

普通のサラリーマンとして生活する傍ら、最後のコンクールに挑む高島明石

圧倒的才能とスター性を欲しいままにする理論派の青年マサル

この4人以外にも周囲の人間模様がきめやかに描かれています。

 

4者4様の性格、ピアノコンクールへの想い。でもどれも一つ一つがとても愛おしくて瑞々しい。特に私が共感したのは、普通のサラリーマンからコンクール入賞を目指す高島明石。もうね、このキャラに私は泣きっぱなしだった。彼の台詞は「才能を持たない私たち」の台詞だった。「音楽は誰のものか?」「生活者の音楽は、音楽だけを生業とする者よりも劣るのだろうか」。天才たちだけではなく、明石のように、日々を暮らす者であっても、素敵な音楽を奏でられるんだと。彼は証明するためにこのコンクールに挑む。こういう私たちの目線に経ったキャラがいることで、より物語に深みが増して、のめり込んでいけました。私はこの作品を読みながら、いつのまにか明石をめいっぱい応援していた。読んでみたらそういうキャラに出会える、それがこの作品の魅力の一つかと思います。

 

そして、もういろんな所で話されているかと思いますが、この作品のもう一つの魅力、「音楽を文章で鮮やかに描くこと」これがもう物凄いんです。音楽の知識がなくても全然楽しめると思う。恩田さんが、その音楽を言葉に乗せて奏でてくれているから。曲自身の魅力も伝わってくるし、何より個々のキャラクターの性格が見事に反映されていて、読んでいて本当にそのキャラクターがピアノを奏でているように脳内で音が流れ出してくるからすごい。同じ曲でも、弾く人の個性が反映されて全く異なる曲になるというのはクラシックでは当たり前にあることですが、それを見事に文章だけで表現しているんですよね。ほんと、これは圧倒的な才能だと思う、恩田さんの。

私恩田さんのことを「劇場型作家」って言っているんだけど、恩田さんって舞台を描くのに長けていると思っていて、それは「チョコレートコスモス」だったり、「中庭の出来事」だったり「六番目の小夜子」の文化祭のシーンだったり。舞台の持つ静と動、静のときは舞台のピンと張り詰めた空気が読んでいるだけで透けて見えてくるし、動のときは疾走感がすごくあってかつ舞台のドラマティック性を的確に表現してくれるから、読んでいてものすごく楽しい。この才能がこの本でも遺憾なく発揮されていて、音楽コンクール特有の張り詰めた雰囲気と、勝者と敗者が生まれるドラマティック性が文章だけでもひしひしと伝わってくるんですよね。

普通は、こういうコンクールとか賞を題材にする小説って結果が分かってしまいそうになるんだけど、最後の最後まで結果が分からないハラハラドキドキ感を味わえるのもいいなと思います。それはどのキャラも本当に丁寧に描かれているから、どのキャラにも感情移入して、頑張れ!ってもっともっと彼・彼女の音楽を聴きたい!って思ってしまうからだろうなぁと思う。

とにかく、読んでほしい。音楽の美しさ、コンクールのハラハラ感、音楽や人を通じた各人の成長を恩田さんが全身全霊を込めて書いています。できれば単行本で、ずっしりとした重さを感じながら読んでほしい。

直木賞を受賞したことにより、多くの方に読んでいただけたらなと切実に思います。

 

 

○この本を読んだ人におすすめの恩田作品

ぜひこの本面白いなぁと思って、恩田さんの作品を他にも読んでみたいな、なんて人にここからは読んでいただきたいです。おすすめの作品を3つ紹介します。

まずはやっぱり、「チョコレートコスモス」でしょう。私もだいっすきなこの作品。「蜜蜂と遠雷」が音楽の物語であれば、「チョコレートコスモス」は舞台の物語。二人の境遇も思考も全く異なる天才が、舞台で出会う。この本の魅力はなんていっても、小説の中で実在する脚本が使われていたり、お芝居に精通する恩田さんならではの「舞台の世界」の描き方。正直、蜜蜂と遠雷に肩を並べるほど面白い作品なので興味をもった人はぜひ読んでほしい。 

チョコレートコスモス (角川文庫)

チョコレートコスモス (角川文庫)

 

 

そして、私が一番読み返している大切な作品「光の帝国」もおすすめ。これは、常野一族と呼ばれる少し不思議な能力をもった人々の日常を描く短編小説なんですが、これの一番最後の作品「国道を降りて」、二人の音楽家が主人公で、里帰りして一族の音楽祭に出る道中を描いているんですが、もう本当に音楽をやっている人にとっては名言だらけの名作です。音楽つながりで紹介しましたが、勿論他の短編も面白いので、本当に読んでほしい。私のバイブル

光の帝国―常野物語 (集英社文庫)

光の帝国―常野物語 (集英社文庫)

 

 

最後にちょっと毛色の違う作品。「蛇行する川のほとり」私の中で恩田さんは「青少年のノスタルジー」を描くのがめちゃめちゃうまいと思っていて、この作品も高校生の主人公たちのミステリーなのですが、仄暗くかつ美しく、淡い世界観で描かれています。蜜蜂と遠雷が光を描いた作品だとしたら、この作品は優しいグレーの色で描かれたような作品です。出てくる子どれも、美しくて儚くてなにか懐かしい、恩田さんの書く青少年はいいぞ。

蛇行する川のほとり (集英社文庫)

蛇行する川のほとり (集英社文庫)